習い事
  • デザイン書道
  • アート書道教室
  • アート書道
  • デザイン書道
  • デザイン書道
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
 

書芸にかける想い


筆線で、いのちの波を表し繋げる書芸を求めて



書芸×書道


書道と書芸のちがいは何か?と聞かれることがよくあります。
書芸と書道は別物、というわけではありません。書芸は伝統的な書道をも含む、現代の芸術なのです。

伝統書道では、毛墨を用いて文字や言葉を紙に書き表しますが、書芸においては用具商材の制約はなく、また題材も文字から筆線によるイメージ表現まで自由です。そこには書をベースとした立体作品やビデオアート作品といったものも含まれます。
書芸は、人が瞬間に生み出す「生の線」をベースとした芸術であり、その特質を持つ表現は、平面表現、立体表現、映像表現にかぎらず、すべてが書芸でわる、ということになります。

芸術は、過去の遺産を滋養としながらも、過去をそのまま再現するのではなく、一個の人間の内発的な心体活動により、未知の世界を探り求めるものです。ゆえに人のマネをしているうちは、芸術とは成りえません。
一方、伝統書道では、まず人マネから入ります。美しいとされる形、良いとされる線の書き方を手習いすることから全てが始まります。それはお稽古事です。伝統文化を学び踏襲することだけを目的とするのであれば、それで十分といえるでしょう。ですが、芸術を求めるのであれば、そこにとどまっているかぎり、けっして世界は広がりません。


「生の線」との出会い


かく言う私も、書道を始めた当初は、ひたすら手習いに勤しんでいました。しかしその後、書道の古典と出会い、美しく整った書ばかりが良い書ではない、ということに気づかされます。
そして、さまざまな出会いと試行錯誤の中で、書のいのちは「生の線」にあるのだということを悟ります。形をマニュアル通りに美しく書くだけなら、コンピューターのほうが遥かに早いし上手です。だがそこに、いのちはありません。人の手になる筆線にはいのちが宿り、その瞬間に、未知の世界への扉は開かれるのです。

それまで漢詩作品ばかり書いていた私が、文字によらない筆線によるアート作品を書き始めたのは20代半ばのことでした。
当時、漢詩による行草作品を得意としていたのですが、一般の人たちに全く読めないような書の作品があるのであれば、文字を書かない筆線による表現というものもあってもよいのではないか、と考えると同時に、「文字の制約を離れて、もっと自由に書きたい」という思いも相まって、筆の趣くままに書き表してみたことがキッカケでした。それは、「書は筆線の芸術であり、作品の良し悪しと文字を書く書かないとは関係ないのだ」と確信した瞬間でもありました。
その作品を当時の書の師匠に見ていただいたところ、「いいものは、いいんだ!」と褒めていただき、気をよくしたのを覚えています。芸術的に物を見る眼を持った良い師に恵まれたことを、いまも深く感謝しています。もっとも師匠にダメ出しされたところで、平気で書き続けていたとは思いますが。

しかし、文字を書かない抽象による表現世界には頼るべき規範は無く、あまりにも無限であったため、その後一層、暗中模索の日々が続くことになりました。その上、文字を書いた書道作品であれば評価もされ、ときに買い手もつきますが、抽象作品となると、さて、何なんだ?ということになって、なかなか評価もされず作品も売れない。求める方向に間違いはないとは思いつつも、誰にも分からない、ましてや自分さえ分からない世界を求め続けることは、真っ暗闇の中で微かな光を探し求めるほどに心細いものでした。

そんな私に大きな勇気を与えてくれたのが、生涯を持つ子どもたちによるワークショップでした。
彼らが書いた、文字によらない筆線で表された表現世界の、なんと生き生きとした生命力に満ち溢れていたことか! これまで味わったことのない感動が、心の底から湧き上ってくるのを感じました。彼らの作品が、暗闇の中であがき続けていた私に、一条の光を投げかけてくれたのです。それは、『書芸術の本質は、巧みで美しいとされる線や形にあるのではなく、「生の線」にあるのだ』という思いが、私の中で信念へと変わった瞬間でした。


FIFAワールドカップ公式ポスターの制作により得たもの


ただそう悟ったことで、心の霧がすっかり晴れたかといえば、決してそうではありませんでした。抽象作品は相変わらず五里霧中、暗中模索の世界。そのうえ作品も売れない。自分の求める方向に間違いはないとは信じつつも、悶々とした日々が続きます。こんなことをしていて、自分は一体どうなるのだろう・・・

そのとき、一つの大きな転機が訪れました。2002FIFAワールドカップ公式ポスターの制作依頼を受けたのです。サッカーコートを筆線で描く仕事で、文字表現ではないところで書による筆線表現を活かすことのできるビッグチャンスでした。しかもポスターは全世界に貼られます。
このポスター制作は、韓国のアーティスト・ビョン・チュー・スック氏とのコラボレーションで、共に一つの作品を創り上げたことが、「筆線で響き合う」という『書芸』の重要コンセプトともなりました。

このポスター制作を機に、広告デザインの世界でも、文字によらない筆線アートを起用いただく機会に恵まれます。ボートが疾走するイメージを書き表した「福岡SG全日本選手権」ポスター、音の流れを書き表した、世界的音響メーカー・マランツのパンフレット、バイクの軌跡を書き表したハーレー・バイク広告、世界最薄のノートパソコン、ASUSのプロモーションムービーへの起用といったものがそうです。


共に響き合う、芸術的創造の場「SOGEN書芸塾ARC」


私には強い味方がいます。それは主宰しているSOGEN書芸塾ARCの塾生たちです。
彼らの情熱や成長が、いま私の活動を強力にサポートしてくれています。塾生というよりも、共に学び求め合う同志といったほうがいいかもしれません。

以前、書芸塾のアートクラスで、雑巾を投げて表現した塾生がいました。アートなのだから何をどうしようが自由なわけですが、そのとき戸惑いを隠せない自分がいました。
「書芸教室なのに、雑巾を投げられたら、教えることなど無くなってしまうのではないか。わずかとはいえ会費をもらってやっているからには、やはり、自分が教える立場にいないといけないのではないか・・・」そんな疑念が頭をよぎります。
だが、アートは自由なはず。やってはいけないことなど無いのです。 その出来事を通して、「ああ、自分はまだ、書道という枠に、筆で線を書かなければ書ではない、という思いに囚われていたのだ」ということに、あらためて気づかされたのでした。

そこからSOGEN書芸塾ARCは、さらなる進化発展を遂げていくことになります。 用具用材は何でもOK。毛筆にかぎらず、木の枝や草、ティッシュペーパー、空き缶、ペットボトル等、何を使っても良し。線を書かずに、針金や糸を使って表現してもOK。

現在、ARCは「いのちのリズムを生の線にのせて表現する中で、共に響き合う」というコンセプトのもと、さらなる成長を続けています。
2010年に『響生』と題した初の書芸作品展を開催、2011年には大地の芸術祭の舞台ともなっている新潟県十日町市でイベント合宿、2012年には『日韓書芸交流展~文字抽象』をソウルで開催し、韓国のクリエーターの若者たちと友好を深めるなど、その活動の場は教室の中だけにとどまりません。
国や文化のちがいを超えて、書芸を通して世界の人々と響き合いたい! それがSOGEN書芸塾ARCの夢であり、願いなのです。


SOGENの夢


SOGENには二つの大きな夢があります。 一つは、自らの心を解き放ち、筆線により自身のいのちの波を表していく中で、宇宙自然と繋がるような作品を生み出していくこと。 一つは、書芸を通して世界の人々のいのちの波を繋げていくこと。 その想いは、書芸塾のスクール運営はもとより、講演レクチャー、書芸パフォーマンス、書芸ワークショップといった、SOGENのすべての活動の根底にあります。 夢は大きく果てしなく! これからも命尽きるまで、SOGENはその夢に向かって歩み続けてまいります。


平野壮弦

2015.1.1 SOGEN



 

看板デザイン書道





copyright 2013 EXTENSION EXTESION JAPAN All rights reserved.