商業デザイン書道塾、スクール
  • ポスターロゴ
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
  • 表札/看板の書制作、筆文字看板
 

書芸塾ARC主宰/SOGEN(平野壮弦)のご紹介


プロフィール

映像書家と書道家、商品筆文字ロゴ
書芸家。筆線アートとしての『書芸』を創始提唱。

FIFAの依頼により、2002日韓ワールドカップ公式ポスターならびに公式エンブレム毛筆バージョンを制作。 「2005ソウル書芸ビエンナー」「2006台北国際現代書芸展」「2009志賀高原ロマン美術館/書×デザイン・挑戦の系譜展」等に招待出品。

ニューヨークでの個展開催をはじめ、「韓中日2007書芸デザインワークショップ」「2010仁川国際デザインフェア―」「書芸精神2010 inアトランタ」等において、招待講演、書芸アートパフォーマンス、エキシビジョンを行う。

その筆技と感性を高く評価され、大手クライアントをはじめとした各種企業のロゴ書を多数揮毫。
アメリカCNNテレビ、ブラジルテレビGLOBO、韓国国営放送KBSをはじめとした海外メディアに、21世紀の書芸術を担う、アジアを代表する書芸家として出演。

書芸術を現代に活かし、筆線で世界の人々の心を繋げるべく、ロゴ書の揮毫、アートパフォーマンス、ワークショップ、コラボレーション、執筆、講演等、幅広い活動を展開。またファッション界においても、SOGEN書芸による着物、浴衣、Tシャツ等のニューモードを発表。自由な書芸術による創造と交流の場「SOGEN書芸塾 ARC」主宰。

映像書家と書道家、商品筆文字ロゴ※現代の書を斬り、真の書芸術とは何かをSOGENが自己の半生とともに縦横無尽に語った著書、 『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』 (天来書院・刊)好評発売中。


-SOGENの"書芸"にかける想い-
http://www.hiranosogen.com/omoi/index.html

-SOGENの"書芸"への道-
http://www.hiranosogen.com/michi/index.html

-SOGEN制作実績(SOGEN HISTORY)-
http://www.hiranosogen.com/history/index.html

-SOGEN 公式Webサイト-
■アート:http://www.hiranosogen.jp/
■作品制作・パフォーマンス・講演・ワークショップ: http://www.hiranosogen.com

-著書-
『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』(天来書院・刊/2006)好評発売中。


書芸家SOGEN/平野壮弦 略歴



1961  新潟県十日町市(旧川西町)生まれ

1983  新潟大学教育学部英語科卒

1983  新潟県公立中学校の英語教師となる

1990  書壇院展(於東京都美術館)最高賞受賞

1991 教職を辞し、書芸を志す

1992 『平野壮弦・カリグラフィー作品』開催(長岡市・らぷらす)

1993 『墨』誌・特集「平野壮弦~コマーシャル・カリグラファーという名の手わざ師」

1994  
日本パッケージ協会招待講演「コマーシャル・カリグラフィーの世界」(日本橋)
『平野壮弦展-COSMOS』開催(日本橋・インフォミューズ企画展)
国際デザインフェアIN長岡にて、書芸アートパフォーマンスを披露

1998 『平野壮弦書展~気々快々』開催(東中野・遊山楽)

1999 「大手通楽書ライヴ」開催(1999.6月~2001.6月/長岡市・大手通)

2000
『ペガサスアートフォーラム地上展#5・世田谷美術館』出品
「ORANドレス展-1/和紙ドレスへの揮毫パフォーマンス」(長岡市・らぷらす)
「バリダンス・ベリーダンスとのコラボレーション」(長岡市・大手通路上)

2001 「ORANドレス展-2/カリンバとのコラボレーション」(長岡市・らぷらす)

2002 
FIFA2002ワールドカップ公式ポスター・公式エンブレム毛筆バージョン揮毫
NSTスーパーニュース出演「壮弦/21世紀のふるさと新潟へのメッセージ」
アメリカCNNテレビに出演
ブラジルテレビGLOBOに出演
長岡デザインフォーラムにて招待講演「2002年FIFAワールドカップポスター &エンブレムを通したデザインの可能性」
「ORANドレス展-3/小国和紙とのコラボレーション」(長岡市・らぷらす) ニューヨーク・CAST IRON GALLERY にて個展

2003
SOGENグローバル書道プロジェクト「汚し屋本舗」始動
ARTFOLIO地上展出品(世田ヶ谷美術館)
CAMEL PLEASURE STUDIO にて大書&汚しアートパフォーマンス(南青山)

2004
『21世紀・書の胎動展』開催(銀座)
『SOGEN個展~生々流転』開催(虎ノ門)
【SOGEN書芸塾ARC】開設

2005
ソウル書芸ビエンナーレ招待出品
   十日町市成人式にて講演、和紙のドレスを着たモデルに書くパフォーマンスを披露

2006
著書『汚し屋壮弦 俺の書でイケ!』天来書院より出版
「千年の森ホール」(新潟県十日町市新ホール)の緞帳作品を揮毫、幅10Mのステージ幕となる
『SOGEN書芸作品展~2006』開催(千年の森ホール/ 新潟県十日町市)
平城遷都1300年記念『書の未来展』招待出品(奈良市美術館)

2006
『台北国際現代書芸展』招待出品(台北市)
三井住友銀行歴史ビデオのタイトルならびに墨絵を揮毫、三井財閥2代目・宗笠役として出演        
『平野壮弦書展~聖なるまどろみの彼方へ』開催(錦糸町・ギャラリー山下)
ケイタイサイト「週間モバイルよむ!」、宮崎あおい、船井幸雄氏らとともに執筆

2007
『韓中日2007書芸デザインワークショップ INソウル』招待講演、パフォーマンス
韓国テレビ放送SBS出演~「21世紀・アジアのデザイン書芸術への展望」~
SOGEN塾【書芸SOGEN流】開設
『SOGEN書芸作品展~宙へ』開催(クロス10十日町)
『SOGEN書芸インスタレーション展』開催(十日町市四つ宮公園)
着物生地への染め書きパフォーマンス(十日町市駅前通り)
NHK新潟・報道特別番組「21世紀の書」出演
韓国テレビ放送MBCよりテレビ取材~「SOGEN・21世紀書芸術への展望」~
長岡市立旭岡中学にて講演・課外授業・パフォーマンス
新潟中越地震復興支援イベント『SOGENゆかたファッションショー』開催

2008
 南魚沼市立大和中学校・長岡市立旭岡中学校にて、講演・課外授業・パフォーマンス
母校・十日町市立川西中学校にて講演、着物を着たモデルに書くパフォーマンスを披露
十日町市にてパフォーマンスイベント『SOGEN・雪に挑む』開催
十日町雪まつり着物ショーにモデルとして出演
十日町市にて4月~10月、「SOGENあそびま書芸塾」開催
震災復興イベント「相撲と歌で書!」にゲスト出演、雅山関・出島関のゆかたを揮毫
piano trio `mug`ライブ会場にて、書家・福田祥洲氏とコラボパフォーマンス
十日町市・宝泉寺に「蓮」の書作品を奉納
十日町クロス10・開館25周年特別機画「あそびま書芸教室」開催
Bar Infocurious(麻布十番)にて個展、ダンサー・岡佐和香氏とコラボパフォーマンス
個展『平野壮弦・書芸作品展』開催(クロス10十日町)
十日町市産業祭にて書芸アートパフォーマンスを披露

2009
南魚沼市立大和中学校・小千谷市立小千谷中学校にて、講演・パフォーマンス・全校書き染め指導
J-WAVE・「王理恵のLOHAS SUNDAY」にゲスト出演 
十日町市「現代雪まつり発祥の地」記念モニュメント題字揮毫
志賀高原ロマン美術館『書×デザイン 挑戦の系譜展』企画展示(4~6月)
  「D.B.Aセミナー」にて講演、パフォーマンス(上野・東天紅)
「あそびま書芸教室in山ノ内」開催(長野県山ノ内町)
『書芸精神2009 ソウル展』招待出品・オープニングパフォーマンス(韓国書芸博物館)『日本カリグラフィーツアー~平野壮弦講演会』開催(表参道)
長岡市・神明神社に幟の書を揮毫奉納
来場者20万人のワールドフェスタ・ヨコハマ『アジア民俗衣装ファッション ショー』にて汚しアートパフォーマンスを披露
SOGEN揮毫による『草津温泉』アドトレイン号が山手線内を運行
「五分の会」にてセミナー、パフォーマンス、ワークショップを開催(霞ヶ関ビル)
王理恵さんとともに、十日町そば祭りにゲスト参加
山手線アドトレイン号・『草津温泉』ロゴを揮毫
キリンビール『コクの時間』の書を揮毫、テレビCMにて全国オンエアーされる
郵政年賀状に採用、全国20,500の郵便局でSOGEN書芸年賀状が販売される
俳優・藤岡弘、氏と会談

2010
南魚沼市立大和中学校・小千谷市立小千谷中学校にて、講演・パフォーマンス・全校書き染め指導
伊勢、熊野、高野山に遊ぶ
BSN報道特別番組『故郷の力』に俳優・渡辺謙氏らとともに出演
三条市立大崎中学校にて、講演・全校書き染め指導
フランス人留学生を対象とした白熱書芸ワークショップを開催
ワーナー・ブラザーズ映画より、映画『書道ガールズ』の試写会招待、評論
「FIFAワールドカップ歴代公式ポスター記念切手」発売
日本橋NICOプラザ館の和紙展オープニングにて『愛』の一文字を揮毫
新潟大学付属長岡中学校にて講演・パフォーマンス・書芸指導
『4人四色展』(韓国・ソムリ芸術会館)招待参加、パフォーマンス・セミナー併催
『十日町高校・中里会』にて講演
ジョージア州立大学より招聘され、展覧会、パフォーマンス、レクチャーを行う
『平野壮弦(書)・橘智哉(彫金)コラボレーション展』開催(神田 onEdrop cafe)
『徹の部屋』ゲスト出演、コントラバシスト・斎藤徹氏とコラボ(ポレポレ東中野)
『2010仁川国際デザインフェア』特別展示・オープニングパフォーマンス・講演
第一回SOGEN書芸塾ARC作品展『響生』開催(麻布十番・縁縁)
日本テレビ『Oha4ニューズライブ』に出演、全国ネットで活動が紹介される

2011
十日町新聞・元旦号表紙をSOGEN書芸作品が飾る
南魚沼市立大和中学校・小千谷市立小千谷中学校にて、講演・パフォーマンス・全校書き染め指導
パートナーズプロジェクト税理士法人・新年会にて『繫』の一文字を揮毫
草津温泉パンフレットにて、漫画家・松本零士氏とコラボ
SOGEN書芸塾ARC・十日町合宿開催
『音楽と書にあそぶ~自然体験ワークショップ』開催(コントラバス:斉藤徹氏) 
『震災復興チャリティーライブ』ゲスト出演(クロス10十日町)
BSフジ・テレビ番組タイトル『日本こころの風景』揮毫、全国放映される
駐日ベネズエラ・ボリバル共和国大使に命名書を寄贈
ASUS・ZENBOOKプロモーションムービーにSOGEN書芸が起用される

2012
南魚沼市立大和中学校にて講演・パフォーマンス・書き染め指導
オリジナル書芸テキスト『そ~げんの楽々書芸入門』発行、書芸通信講座スタートワールドカップ10周年記念イベントに、岡野俊一郎氏とともにゲスト出演
ワールドカップ10周年記念エンブレム「絆」を制作、記念ワインラベルとなる 『音楽と書にあそぶ~自然体験ワークショップ-2』開催(コントラバス:斉藤徹氏)
『日韓書芸交流展』ならびに「韓国書芸交流ツアー」を開催
韓国国営テレビKBSにて招待講演・演題:「日本カリグラフィーの過去・現在・未来」

2013
南魚沼市立大和中学校にて、講演・パフォーマンス・書き染め指導

(ENGLISH)
In order to promote Shogei art to the world, conducted worldwide activities such as holding a private exhibition in New York and being invited to give a lecture and an art performance in "Korea-China-Japan 2007 calligraphy design workshop". Appeared in various foreign media like CNN in the US and KBS (Korea Broadcasting System) as a leading Asian Shogei artist who leads Shogei art in the 21st century. In order to capitalize on Shogei art in the modern age, involved in a wide range of activities such as writing logos, art performance, installation art, collaboration art, writing action, and giving lectures.

Also, aggressively engaged in producing kimonos, yukatas,and T-shirts in order to generate a new mode in the fashion scene by SOGEN Shogei art. Leads SOGEN Juku 【ARC】 in which people pursue free expression world by Shogei art.

(繁体字)
2002年 接受FIFA委託 製作日韓世界盃足球賽公式海報,標誌的毛筆版本。 2005年 首爾書法藝術Biennale。 2006年 受台北國際現代書法藝術展邀請展出。 2007年 受日中韓書法藝術設計研究會邀請講演和表演。 2007年開始以在紐約召開的個人展為首,開始展開世界性的活動, 試著將書法藝術向世界傳播。 美國CNN 電視台,韓國國營電台, 為首次向海外媒體演出21世紀書法藝術的亞洲代表書法藝術家。 經由廣泛的活動, 包括書寫標誌的創作,表演藝術,合作/協力,執筆,講演等。將書法藝術活用及installation灌輸在現代生活中。 和服,浴衣以及襯衫製作也在精心策劃中。由SOGEN書法藝術創造出嶄新的時尚世界。

(한국어)
서예가. 훌륭한 붓놀림과 감성이 높은 평가를 받았으며 대기업을 비롯한 각종 기업의 수많은 로고 서체를 휘호하였다. 2002년 FIFA에서 월드컵 공식 포스터 및 공식 엠블럼 모필 버전 제작 의뢰를 받아 휘호한 것을 비롯 2005년에는 서울 서예비엔날레, 2006년에는 타이베이 국제현대서예전에서 초대를 받아 출품하였다. 뉴욕에서 개인전을 개최한 것을 비롯 「한중일 2007 서예디자인워크숍」에서 초대강연 및 퍼포먼스를 선보이는 등 서예술을 세계에 널리 알리기 위하여 세계적인 활동을 전개하고 있다. 기타 미국 CNN 방송, 한국방송공사 KBS를 비롯한 해외 미디어에 21세기 서예술을 이끌어가는 아시아의 대표적 서예가로서 출연하였다.

서예술을 현시대에서 널리 보급하기 위하여 로고 서체의 휘호, 아트 퍼포먼스, 인스털레이션, 콜라보레이션, 집필, 강연 등 폭넓은 활동을 전개하고 있다. 또 패션계에서 SOGEN 서예술을 통하여 뉴모드를 창조하기 위하여 기모노나 유카타, 셔츠 등 제작을 적극적으로 추진하고 있다. 자유로운 서예술에 의한 표현 세계를 추구하는 SOGEN 쥬쿠 【ARC】 도 도쿄에서 주재하고 있다.



 

看板デザイン書道





copyright 2013 EXTENSION EXTESION JAPAN All rights reserved.